KiCADで基板設計

オープンソースのKiCADの使い方と基板設計のノウハウをわかりやすく解説します

スポンサーリンク

KiCADで「posファイル」に部品の位置情報が反映されない場合の対処法

KiCADのPOSファイルとは?

KiCADで基板を設計し、基板製造を依頼する際に拡張子が「.pos」のポジションファイルを送付する必要があります。

 

このファイルは部品実装を機械(マウンタ)で行う際に必要な部品の位置情報が記されたファイルになります。

 

POSファイルの出力方法

KiCADでは「Pcbnew」画面(パターン設計の画面ですね)で、

「ファイル」

  ↓

「各種製造用ファイル出力」

  ↓

「フットプリント位置情報ファイル(.pos)」

を選択すると出力されます。

位置情報ファイル出力

 

POSファイルの中身

POSファイルの中身は下図のように、各部品の位置情報が記されたものになります。

各部品の「シンボル」「定数」「サイズ」「位置」「角度」「実装面」が記されているので、どの部品がどの位置にどの角度でどの面に実装されるのかがわかるようになっています。

POSファイルの中身

 

今回のトラブル

今回、製造業者の「Elecrow」から「POSファイルにデータの不備がある」との指摘を受けました。

普通にPOSファイルを出力したはずなんだけど何がおかしいんだろう?と思いファイルを開いて見ると、確かに抜けている部品がありました。

実は、それまではPOSファイルを確認したことがなかったので、びっくりしました。

前回製造した時も部品の位置情報が抜けたままのファイルだったので、その時は何故実装できたのか不思議ですが・・・(笑)

 

POSファイルへ部品の位置情報を反映する方法

POSファイルへ位置情報を反映させるには正しく設定する必要があります。

今回情報が抜けていた部品はほとんどが自分で作成した部品でした。

フットプリントを新規作成する場合は注意が必要ですね。

 

修正方法は「フットプリントエディタ」画面で「フットプリントのプロパティ」を開き、「属性」の項目で「ノーマル+挿入部品」を選択します。

 

これでPOSファイルへ位置情報が反映されます。

 

新規でフットプリントを作成した場合は「標準」になっており、この設定だとPOSファイルへ反映されませんのでご注意ください。

プットプリントのプロパティ

 

 

Elecrowで部品実装依頼する場合の注意点

KiCADで基板設計し、Elecrowで基板製造&部品実装を行った基板が届きました。

基板の品質的には特に問題はありませんでしたが、部品実装でトラブルがあった為、紹介したいと思います。

  • 実装されている部品が違う!?
  • 注文の方法を再確認
    • 1.基板仕様を記入したメールをElecrowへ送る。
    • 2.Elecrowからの見積もり回答
    • 3.見積もりを確認し、返事を送る
    • 4.注文方法の指示が返信される
  • どこで間違いが起こったか?
  • 間違いを防ぐ方法
    • 何か気になることがあれば、とにかく質問をする
    • 調達してもらう部品は「digi-key」か「Mouser」に統一する
  • まとめ
続きを読む

KiCADの自動配線の使い方

プリント基板のパターン配線は密度が高くなってくると非常に大変ですが、黙々と作業をしているとパズルをやっているような感じになり、ついつい夢中になって多くの時間を費やしてしまいます。

 

趣味などでやっている場合はそれでも結構楽しく、配線が完了した時は充実感で一杯になりますが、だんだん作り慣れてくると面倒になってくるものです。

 

プリント基板のパターン配線において、「自動配線(Auto Routing)」という機能があることは以前から知っていましたが、信頼性に疑問を感じていたので利用してませんでした。

 

今回「KiCAD」を使用してみて、その使い易さに惚れてしまったので、自動配線にもチャレンジしてみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

ElecrowへEMS(国際スピード郵便)で実装用部品を送付する方法

Elecrowではプリント基板(PCB)製造のみでなく、部品の実装も依頼ができます。

 

標準的な部品であれば、Elecrowで在庫している部品が使えますし、「Digi-key」や「MOUSER」で購入できるものは、Elecrowde調達をしてくれます。

 

しかし、それ以外の特殊な部品が場合はこちらから送付する必要があります。

今回はElecrowへ部品を送付する方法について紹介します。

続きを読む

初めてElecrowで製造した基板が届きました【失敗編】

Elecrowで初めて発注した基板が届きました!

今回は基板のみの製造で、発注から約2週間ほどで到着しました。

基板5枚製造で送料込で約13$強。

信じられない安さですね。

国内の基板屋さんであれば、なんやかんやで1万円弱かかるのではないでしょうか?

続きを読む

KiCADで出力したデータでElecrowに基板製造を依頼する方法

KiCADで基板を設計してガーバーデータの出力を終えたら、いよいよ基板製造の依頼を行います。

ガーバーデータがあれば、基本的にどこの基板製造メーカーでも依頼できます。

www.kicad.xyz


続きを読む