KiCADで基板設計

オープンソースのKiCADの使い方と基板設計のノウハウをわかりやすく解説します

スポンサーリンク

【KiCAD】フットプリントの作り方

今回はフットプリントを新規で作成する方法を紹介します。

フットプリントの作成は使用するCADによってクセがあり、慣れるのに時間がかかりますが、やり方がわかればどんな部品も同じような手順で作成できますので、どんどん使って慣れていきましょう。

フット・プリント・エディタの起動

上部ツールバーの「フットプリントエディタ」を選択します。

kicad-フットプリントエディタ1

 

「フットプリントエディタ」画面が開いたら、上部ツールバーの「新規フットプリント」を選択します。

kicad-フットプリントエディタ2

 

フットプリント名を入力して「OK」を選択します。

kicad-フットプリントエディタ3

アンカー(基準)の設定

回路図部品の作成時と同様に、フットプリントの作成でも「アンカーの設定」が必要です。

右ツールバーの下から3番目のアイコン「フットプリントのアンカー(基準)を配置」を選択し、原点をクリックします。

kicad-anchor

単位の設定

回路図部品の作成時は「インチ」を選択しましたが、フットプリントの作成では実際に寸法を指定しながら作成するので「mm」を選択します。

kicad-mm-select1

 

左上のプルダウンメニューからグリッド「0.1mm」を選択します。

kicad-mm-select2

パッドの追加

今回作成するフットプリントはブリッジダイオード「MB1S」です。

データシートに「フットプリントの例」がありますので、それを参考にします。

必ず正規のデータシートで確認しましょう。

kicad-add-pad1

 

右ツールバーの上から2番目のアイコン「パッドを追加」を選択し、適当な位置でクリックしてパッドを配置します。

kicad-add-pad2

パッドの編集

パッド上を右クリックして表示されるポップアップメニューから「パッドの編集」を選択します。

赤枠の中に必要な情報を入力します。

パッドの位置、サイズはデータシートのフットプリント図から計算して入力します。

kicad-edit-pad1

 

今回作成する「MB1S」は4端子ですので、残りの3つについても同様に配置すると下図のようになります。

フットプリントらしくなってきましたね。

kicad-edit-pad2

外形線を描く

まず、外形線の太さの設定を行います。

上部ツールバーの「設定」→「設定」を選択します。

kicad-outline1

 

「フット・プリント・エディタ・オプション」画面で「図形ラインの幅」と「テキスト線幅」をそれぞれ「0.2mm」に設定して「OK」を選択します。

kicad-outline2

 

右ツールバーの「図形ラインを追加」を選択し、適当に矩形を描きます。

ラインの描画は最後に「ダブルクリック」することで終了します。

kicad-outline3

外形の編集

外形を整えていきます。

編集したい線上を右クリックして「編集」を選択します。

kicad-edit-outline1

 

「配線セグメントのプロパティ」画面で線の始点および終点を入力します。

これを全ての線において行います。

※Y座標は何故か上側が「マイナス」となります。

kicad-edit-outline2

 

全ての線で編集が完了すると、下図のようになり、完成です。

kicad-edit-outline3

新規ライブラリの保存

フットプリントが完成したら、新規ライブラリを作成して保存します。

上部ツールバーの「新規ライブラリを作成して現在のフットプリントを保存」を選択します。

kicad-save-library1

 

「パスのベース」は任意のフォルダを選択しますが、プロジェクトと同じフォルダがいいかと思います。

フォルダ名はここでは「mylib」としました。

指定フォルダに「mylib.pretty」というフォルダが生成されます。

kicad-save-library2

 

「mylib」を作成したら「CvPcb」画面に戻り、「フットプリントライブラリ」を選択します。

kicad-save-library3

 

「ウィザードを使用して追加」を選択します。

kicad-save-library4

そのまま「Next」を選択します。

kicad-save-library5

 先ほど保存した「mylib.pretty」を選択して「Next」を選択します。

kicad-save-library6

そのまま「Next」を選択します。

kicad-save-library7

そのまま「Finish」を選択します。

kicad-save-library8

 

「フットプリントライブラリの追加ウィザード」が完了すると、下図のように新しい「mylib」が追加されています。

kicad-save-library9

 

これで、新規フットプリントの作成が完了です。

次からはいよいよ、配線パターンの作成となります。