KiCADで基板設計

オープンソースのKiCADの使い方と基板設計のノウハウをわかりやすく解説します

スポンサーリンク

【KiCAD】回路図における新規部品の作り方

回路図エディタで使用する部品(KiCADではコンポーネントと呼ぶ)を新しく作る方法を紹介します。

回路図を作成する場合、既存のライブラリだけで完成することはほぼ無いと思います。

どんなCADを使っても必ず必要になる作業ですので、ぜひ参考にしてください。

ライブラリ・コンポーネント・エディタを開く

 上部ツールバーの「コンポーネント・ライブラリ・エディタ」をクリックして作成画面を開く

 kicad-open-editer

「コンポーネント・ライブラリ・エディタ」が開いたら、必ず左側ツールバーの「インチ」アイコンをクリックする。

KiCADのライブラリは全てインチ系で作られているので、合わせないと標準ライブラリとの接続ができなくなってしまいます。

kicad-inch

新規コンポーネントの作成

上部ツールバーの「新規コンポーネントの作成」を選択すると「コンポーネント・プロパティ」が開きます。

kicad-new-component

「コンポーネント プロパティ」では「コンポーネント名」「デフォルトのリファレンス記号」のみを記入し、その他の項目はそのままで「OK」を選択します。

kicad-property

名称、記号の移動

上記でプロパティの設定が完了すると画面の中央に「コンポーネント名」と「リファレンス記号」が重なっています。

見えない場合は画面中央の十字部分を拡大すると見えてきます。

まず、この重なっている文字を移動します。

重なっている文字の付近で右クリックすると、移動する文字を選択するポップアップが表示されるので、移動したい方を選択します。

 

kicad-move1

移動したい文字を選択すると、今度は動作に関するポップアップが表示されるので、「フィールドを移動」を選択して文字を移動させます。

kicad-move2

十字部分が部品の中央になるように(赤枠部分)したいので、そこを避けて文字を移動させます。

kicad-move3

アンカーの設定(部品の原点を決める)

 次に部品の原点を決める為に「アンカー」を設定します。

右ツールバーの「パーツのアンカーを移動」をクリックした後、画面中央の十字の中心をクリックします。

kicad-anchor

ピンの配置

次にピンの配置を行います。

右ツールバーの「コンポーネントにピンを追加」をクリックして適当な画面上をクリックすると「ピンのプロパティ」画面が開きます。

そこに「ピン名」「ピン番号」「角度」を設定して「OK」を選択します。

「エレクトリックタイプ」はエラーチェックをする際に便利な設定ですが、わからない方は「パッシブ」タイプのままにしておきましょう。

これをピンの本数分繰り返します。

kicad-add-pin

ピンの編集

ピンを編集したい場合は編集したいピン上を右クリックし、表示されたポップアップの中の「ピンを編集」を選択して編集します。

kicad-edit-pin

部品のボディを作成する

 右ツールバーの「コンポーネントのボディに矩形を追加」をクリックし、対角線上に2点クリックし、矩形のボディを追加します。

ボディに合わせてピンやコンポーネント名などを移動し体裁を整えます。

これでコンポーネントの作成は完了です。

kicad-body

コンポーネントの保存

上部ツールバーの「新しいライブラリへ現在のコンポーネントを保存」を選択し、任意のフォルダへ適当な名前を付けて保存します。

kicad-save1

 注意画面が出ますが、ライブラリ設定は後で設定するのでここではそのまま「OK」をクリックします。

kicad-save2

ライブラリの追加

 「コンポーネント・ライブラリ・エディタ」で保存が終了したら、今度は「回路図エディタ」の画面に移動します。

メニューバーの「設定」→「コンポーネント・ライブラリ」を選択します。

kicad-add-library1

 下記の画面が表示されるので、「追加」ボタンをクリックし、先ほど保存したライブラリ「XXXX.lib」を指定します。

kicad-add-library2

完了

お疲れ様でした。

ここまで出来たらコンポーネントの作成および登録作業は完了です。

コンポーネントの配置を実行すると、今作成したコンポーネントが使用できるようになります。

 

コンポーネントの作成は最初は大変ですが、最初の1個目ができれば次からは簡単に作れるようになります。

本命は回路図なので、コンポーネントはサクサク作って回路図の完成を目指しましょう!