読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KiCADで基板設計

オープンソースのKiCADの使い方と基板設計のノウハウをわかりやすく解説します

スポンサーリンク

KiCADにおける他基板フットプリントの流用

フットプリント

基板設計を行っていると、以前使用したフットプリントを使いたいという場面が出てきます。

常に1台のPCで設計しているのであれば、共通のライブラリを作っておけばそこから参照して使用可能です。

 

しかし、私の場合は複数のPC(自宅や会社)で設計しますし、基板のデータを他の人へ渡したりもするので、ライブラリの管理が面倒です。

基板のデータを渡したと思ったら「ライブラリが入ってないので読み込めない」などと言われることがあります。

続きを読む

KiCADのガーバーデータ出力方法

PCB設計 PCB設計-データ出力

いよいよ基板発注用のデータ出力となります。

データ出力の前に基板の設計がしっかりと完了しているかどうかを再度確認してください。

特に上部ツールバーの「デザインルールチェックの実行」は必ず実施しておきましょう。

「DRCの開始」ボタンを押すと、チェックが行われます。

パターンが接触していたり、未結線等があれば表示されますので、必ず修正しておきましょう。

続きを読む

KiCADのベタグランドおよびビアの追加方法

PCB設計 PCB設計-ベタグランド

一通り配線が終わったら、余った部分にGNDの強化として「ベタグランド」を配置します。

ベタグランドを追加することにより、基板の安定動作やノイズ耐性が向上します。

何より見た目の基板のカッコ良さが格段に増すので、試作等であってもぜひ追加したいところですね。

続きを読む

KiCADのパターン配線方法

PCB設計 PCB設計-配線

 

いよいよパターン配線です。

プリント基板と言えばパターン配線ばかりに気を取られてしまいますが、実は部品配置が一番重要で、その部品配置によって良いパターン配線ができるかどうかが決まってきます。

パターン配線は密集度が高い基板ですと引き回すコツがありますし、電気特性をしっかりと引き出す配線方法など、ノウハウのかたまりではあるのですが、とりあえず線さえ回路図通りに接続してしまえば動作しますので、簡単といえば簡単です。

ノウハウは徐々に追記していきたいと思いますが、今回はパターン配線のやり方を紹介したいと思います。

続きを読む

【KiCAD】PCB設計(初期設定から部品配置まで)

PCB設計 PCB設計-部品配置

回路図作成、フットプリントの作成が完了したら、いよいよPCBボードの設計となります。

昔は専門の業者さんへ依頼するのが普通でしたが、今は無料のCADで自分で作れるようになったで、良い時代になったものですね。

さて、今回はまず、部品を配置するところまでを紹介したいと思います。

続きを読む

【KiCAD】フットプリントの作り方

フットプリント フットプリント-作り方

今回はフットプリントを新規で作成する方法を紹介します。

フットプリントの作成は使用するCADによってクセがあり、慣れるのに時間がかかりますが、やり方がわかればどんな部品も同じような手順で作成できますので、どんどん使って慣れていきましょう。

続きを読む